shikoku_map.png




徳島県は四国東部に位置し、北は香川県、西は愛媛県、南は高知県に接しています。東は瀬戸内海・紀伊水道・太平洋を挟んで京阪神地域に対峙しています。

鳴門市は徳島県の北東端に位置しています。神戸淡路鳴門自動車道を経て神戸・大阪方面と繋がっており、関西方面からは四国の玄関口となっています。

narutocity.jpg

鳴門市は全国的に有名な渦潮(うずしお)や阿波おどり、また四国八十八カ所霊場一番札所・霊山寺やドイツ館など、自然と文化・歴史が融合した四国を代表する観光地です。

naruto_img3.jpg

大鳴門橋展望遊歩道「渦の道」は鳴門海峡を眼下に見ることができる人気のスポットです。大鳴門橋の橋桁内(車道の下)にある海上遊歩道のガラス床から渦巻く潮流が観覧できます。また観潮船では渦潮の迫力とスリルを間近で体感できます。

naruto_img5.jpg

第一次世界大戦当時にはドイツ軍兵士の収容施設がありました。鳴門の人々は兵士達の人権を尊重し、友好を深めたため日本で初めてベートーヴェンの「交響曲第九番」の演奏が行われました。交流の記念博物館として鳴門市ドイツ館が創設され、現在ドイツのリューネブルク市と姉妹都市提携を結んでいます。

naruto_img6.jpg

弘法大師ゆかりの地である四国八十八カ所霊場の一番札所・霊山寺は、
季節を問わず遍路装束をまとった「お遍路さん」の姿が絶えません。


naruto_img4.jpg画像提供:大塚国際美術館
平成10年に開館した大塚国際美術館は、世界初の陶板名画美術館です。国内は勿論、海外からも多くの人々が訪れています。写真はイタリア北部にある教会を再現した展示の一つ、スクロヴェーニ礼拝堂です。

naruto_img1.jpg


阿波おどりは、日本三大盆踊りの一つで約400年の歴史があります。鳴門市阿波おどり大会は、毎年8月9日から11日までの3日間、徳島県内の先陣を切って開催されます。身も心も弾む熱気に包まれ、まち全体が「ぞめき」のリズム一色に染まります。

鳴門市では、吉野川の美しい水資源と豊かな自然環境を背景に古くから農業や漁業が盛んに営まれています。

沿岸部地域では
「なると金時」「らっきょう」「だいこん」
中央部では「れんこん」「梨」
西部では「桃」「みかん」「すだち」
海産物は「鳴門鯛」「わかめ」「牡蠣」「鳴門の塩」
など全国に誇れる特産品の宝庫となっています。

また伝統工芸として「大谷焼」が有名です。熟練の陶工に制作される大甕は特産である「藍染め」に欠かせない道具で藍甕と呼ばれています。

naruto_img8.jpgnaruto_img9.jpg
naruto_img10.jpgnaruto_img11.jpg

高松自動車道の全線開通で神戸淡路鳴門自動車道との直結により、中国・四国地方はもとより
関西地方からのアクセスも便利になりました。
自然と郷土文化・伝統が息づく情緒豊かなふるさと鳴門へぜひお越しください。